打撃!好条件イヤホンのキャパ

久しぶりにレシーバーを買いました。

約10000円、何やらの高価格帯だ。

導因は、直撃用のテープ起こしでした。

記録ときの容積が小さかったらしく、存在のレシーバーではやっぱり聞き取る事が出来なかったのです。

悩んだ末日、「高品質なレシーバーならわかるかもしれない」という一縷の望みにかけました。

結果は、大成功!

如何なる小声もばらす場合無く、敢然と聞こえる様になりました。

やっぱり、レコーダーの隣席で用紙をまくる音声が、口うるさく感じた近くだ。

先、好きな作家の曲を聴いて、再度驚きました。

今まで意識していなかった歌詞やドラムの音声が響き、臨場イメージがすごいのです。

かなりの栄華製品ですが、相当パーフェクトしました。

ところで、ケータイ楽曲アスリートグループは、ざっくりと「ウォークマン派」と「iPod派」に分かれていると思います。

おかしいのは、iPod派はケータイやPCなどもアップル製品で統一して要る事が手広く、ウォークマン派はアップル製品「以外」を選択しがちなポイントだ。

雛形や使い勝手など、重視する段階が違うのかもしれませんね。

そういう僕はウォークマン派だ。

学生時代から使い続けてあり、なじみ濃いだ。

新品のレシーバーと共に、これからも愛用していきたいだ。Dr.Dekisugi 最安値

Filed under: 日記 — wp_sv_537_5935 8:01 AM